マンション→戸建てへの買い替えで高く売る!


  • 子供が成長して、手狭になったため
  • 老後のことを考えて
  • 転勤で都心→田舎へ行くことになった

など、マンションを売却して、一戸建てへの住み替えをする理由は様々です。

となると、気になることはいろいろあるかと思われます。

  • ローンの残債があるけど、大丈夫か?
  • マンションを売るタイミングは今がベストか?
  • そもそも、ウチのマンションはいくらで売れるのか?

疑問点は他もたくさんあるかと思われます。

ただ、その中で最も大切なことは
マンションを少しでも高く売る!ということではないでしょうか?


マンションの相場は一概に言えませんが・・・


  • 住んでいる町の治安
  • 生活の利便性
  • 築年数
  • 駅からの距離
  • 部屋の広さ
  • ベランダの広さ

など、査定要素がたくさんあるため、マンションの相場は一概には言えません。

そのため、不動産屋さんに無料査定を依頼し、概算の見積もりを提示してもらいましょう。

え?業者選びを間違えると大損?


マンションの売買仲介業者は、”仲介をする会社”です。

例えば、車買取のように「このプリウスを75万円で買取します」と即決できません。

なぜなら、買主さんが、あなたのマンションへ訪問して、「●●万円くらいなら、買いたいです」と
最終的には買主さんとの売買契約になるからです。

つまり、業者さんの売却活動次第で、数百万円も売買金額が変わることがあり、
業者選び次第で得をすることもあれば、損をすることもあります。

複数社に無料の一括査定依頼


「なるほど。でもどの業者にお願いしたらいいのかわからない・・・」

ご安心を!

  1. わずか60秒で入力で複数社に査定依頼!
  2. 複数の業者に競争してもらい査定額アップ!
  3. 悪徳業者は排除!

それが無料の不動産の一括査定サイトサービスです。

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

※住み替えのローンの悩みについても相談に乗ってくれますよ♪

イエイ

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

【特徴】

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!


【公式】→https://sell.yeay.jp


不動産売買でよくある疑問など


マンション売買についての疑問

オンライン一括査定メリット・デメリットは?


マンションを売る際は売却額を決定しなければなりませんが不動産屋に査定を依頼しても評価額がかなり異なるためはたしていくらで売却すればよいのかわからないことがよくあります。

そのため適正な評価額が不明なことでいつまでもマンションが売れないままになってしまうというわけです。

そんなときにおすすめなのが不動産のオンライン一括査定サイトの利用です。

オンライン一括査定には複数の不動産業者が参加しているためマンションに関する情報を入力するだけでそれぞれの査定額がわかるというものです。

オンライン一括査定を利用するメリットは不動産業者がそれぞれの査定額を算出することでおおよその売却額がわかることにあります。

そのためわざわざ地域の不動産業者を回って一から交渉や情報を伝える手間と時間も省くことができるのです。

その他のメリットには一括査定サイトは無料で利用することができるため必ずしも必要事項を入力したからといってマンションを売却しなければならないといったことはありません。

そのため今は売却するつもりはないが将来的に売却を検討しているといった場合でも気軽に利用することができます。

反対にデメリットとしては地域に特化した不動産業者も多くありそれぞれの特色や強みがありますがオンライン一括査定を利用すると売却を依頼したい不動産業者が登録されているとは限らないといったことがあります。


マンション査定・売却で必要な書類一覧を解説!


インターネットを利用してマンション査定を行う事が出来るウェブサイトがあります。

必要な情報を入力するだけで、マンション査定が出来る便利なウェブサイトですが、入力する情報はあくまでも所有しているマンションの専有面積や場所、築年数のみであり、必要な書類はありません。

売却を進める段階になった時には、訪問査定を仲介業者にお願いする形になりますが、媒介契約書にサインをするので認印も市区は実印、本人確認書類などを用意しておきましょう。

実印を利用する場合には、印鑑証明書が必要になりますが、契約に利用する印鑑証明書は交付から3か月などのように決められているため、多くの交付を受けるのではなく、その都度交付を受けるのがお勧めです。

その他の必要な書類としては、売却物件の内容確認などで利用する登記済権利書、固定資産税や都市計画税などの税額確認を行うための固定資産税評価証明書などが必要になります。

さらに、マンションの場合は集合住宅になるので、マンションの維持費などに関する書類や管理規約などが必要です。

マンションの維持費については、マンションを購入した後、購入者が負担すべき維持費を明確にする目的で必要な書類になります。


マンション売却を依頼する上での大手不動産と中小不動産それぞれの特徴



マンション売却を依頼する場合、大手不動産と中小不動産とではそれぞれ特徴が異なります。

大手不動産の場合には、全国的なネットワークがあるので情報共有することができます。

そのために直接的売却を担当する店舗には、他の店舗からの顧客情報も入ることで買い手を探し易いという利点があります。

また広告を出す際にも、自社で運営するサイトに情報を掲載できるので、マンションを探している人の目に触れやすくなります。

このようなスケールメリットを生かすことにより、早期に買い手を探すことが可能となります。

一方で中小不動産の場合には、地元の地域に根付いた活動を行うことから購入希望者に対して多くのアピールをすることができます。


物件の周辺情報にも明るいものですし、購入希望者に対して多くの情報提供ができるので好条件で売却することも可能です。

また顧客を抱えていることも多いので、すぐに買い手をつけることができるのも利点と言えます。

大手不動産は全国規模のネットワークを、中小不動産は昔から蓄積している地域情報を武器にして売却活動を行えるというわけです。

さらに比較的中小不動産の方が小回りが利くので、何かと頼みやすいメリットもあります。


専属専任媒介(専任媒介)と一般媒介の違い


不動産会社を介して不動産売却を行う際は、媒介契約を結ぶ必要があります。

媒介契約には、専属専任媒介(専任媒介)と一般媒介がありますが、それぞれ以下のような違いがあります。

まず、専属専任媒介について。

専属専任だと、「自己発見取引」ができません。

自己発見取引とは、不動産会社を介さずに、売買契約を結ぶことです。

買い手を見付けること自体は禁じられていませんが、専属専任の場合は、不動産会社を介する必要があります。
「1社としか契約できない」。

他の不動産会社と媒介契約を結べなくなるということですが、その分営業に力を入れてくれることが多くなります。

次に、一般媒介について。

一般だと、自己発見取引ができます。

また、複数の不動産会社と契約を結ぶこともできます。

これによるメリットとしては、「情報を早く広めることができる」「不動産会社同士による競争原理が働く」という物があります。

一方、「情報が広まりやすい分、売れない物件はさらに売れにくくなってしまう」「他社と成約した時のリスクを考えて、あまり営業を熱心にしてくれない」というデメリットもあります。
他にもいくつかの違いはありますが、よく確認したうえで、自分に合った契約を結びましょう。"